全話無料公開中!ほのぼの冒険ファンタジー漫画「ACARIA」を読んでほしい。

漫画

こんばんは。ファンタジー作品の魔物とかクリーチャーが好き、さめおです。

本日はオススメ漫画を一つ。以前このブログでも紹介したファンタジー漫画「Helck」の作者、七尾ナナキさんが裏サンデー他で連載している漫画「ACARIA」です。URLはこちら!

裏サンデー
WEBマンガ「裏サンデー」の公式サイト。「裏サンデー」では毎日面白い作品が更新され、無料で読める!

本作は元々「Helck」よりも先に連載が始まっていましたが、週刊連載で忙しくなったため中断していました。その「Helck」も去年の12月に完結したため、本作も3年の休止を経て連載が再開され、多くのファンから喜びの声も。そんな「ACARIA」のオススメポイントを紹介します。

あらすじ

とある田舎の村に住む記憶喪失の少女アカリアは、ある日記憶を蘇らせるという秘宝の情報を入手する。その秘宝を手に入れるため旅に出たアカリアだったが、村の外には魔物がうろついており冒険初心者には厳しい環境。運良く大きな街にたどり着いたアカリアは一緒に冒険してくれる仲間を探し、そこで自称勇者の男ディロスと出会い…

オススメポイント

THE・王道ファンタジーなあらすじですが、「Helck」でも見られた七尾ナナキさんらしさが随所に出ている本作。そのオススメポイントを紹介します。

スッキリした絵柄

僕が七尾ナナキさんの作品をオススメする大きな理由として、その絵柄があります。彼の書く絵は非常にポップで、可愛いキャラクターが多いです。またファンタジー漫画という書き込みが増えてしまいそうなジャンルでありながら、不要なものを極力省いたスッキリ線画で描かれているためとても読みやすいです。

ちなみに連載開始は5年以上も前ですが、絵のタッチはほとんど変わっていません。そのため中断期間を挟んでも違和感なく読み進める事ができます。

独特なキャラクターたち

彼の作品は基本的にファンタジーの世界観がベースになっているため、不思議な生き物が多く登場します。本作でも少し不気味な怪物から、どう見ても野生で生きていけ無さそうなゆるキャラ的生物まで、その生態は多種多様です。

また自然生物だけでなく盗賊団も不思議なコスチュームを着ていたりするため、危機的なシーンでも”まぁなんとかなるでしょ“という緩い気持ちで読めるのも魅力的です。

ノリが軽い

敵対する相手にゆるキャラが多ければ、主人公パーティも基本緩いです。そこそこ手ごわい敵にも出くわしているはずなのに、みんな割と能力高めなので軽いノリでサクッと倒してしまいます。彼らの掛け合いもシリアス2割、残りは緩い会話なので肩ひじ張らずに読めます。

「Helck」はこの軽さがシリアスパートの緩衝材のような役割を果たしていましたが、それは本作でも同様。現在物語はクライマックスに入っていますが、シリアス描写はほどほどに緩さはそのまま進んでいる感じ。この独特なノリが出せるのは七尾ナナキさんだからこそだなぁと思わせられる部分ですね。

サクッと読める

前述した通り物語のノリは良い意味で軽く、そこまで体力を消耗しません。1話は大体20ページ前後で現在23話まで。作品も終盤だと作者も明言しているため、トータル500ページちょっとくらいで終わるんじゃないかと思われます。ある程度読み込んでも2~3時間あれば読み切れるくらいの長さなので、気になったときにサクッと読めるのも嬉しいですね。

そして何より大きいのは現在、裏サンデー上で全話無料公開されている事。他の漫画アプリと違い読める数にも制限が無いので、一気読みもできます。もちろん少しずつでも大丈夫なので、自分のペースで読めます!

最後に

春に向けて新作を準備しているとの事なので、恐らく本作はあと2~3話くらいで終わると思います。今からでも十分追いつける長さなので、独特の世界観を持つ七尾ナナキワールドにハマってみてはいかがでしょうか?

今日はこんなところで。ではまた。

コメント