映画「グリーンブック」解説&感想 – これが今流行りのおじさん萌えってやつですね!

映画

どうも。いつかアメリカ横断してみたい、さめおです。

ちょっと前話題になった「おっさんずラブ」しかり、近年おっさんに萌えるタイプの作品って増えてきてると思うんですよ。という訳で本日はそんな層にも刺さる気がする映画「グリーンブック」の解説と感想です!まずはあらすじから。

あらすじ・予告編

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

映画.comより
【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告

解説

男二人のロードムービーなんて聞くと割とありがちですが、本作で特徴的なのは人種差別が色濃く残る1960年代にイタリア系白人黒人ジャズピアニストが旅をするというところ。最近映画界では黒人のキャストやスタッフの存在感が増してきていますが、本作もその流れにのった一作と言えます。

アカデミー作品賞の受賞

既にご存知の方も多いと思いますが、本作は今年のアカデミー賞5部門ノミネート3部門受賞という華々しい成績を残しています。その内訳は以下の通り。

  • 作品賞…受賞
  • 主演男優賞(ヴィゴ・モーテンセン)…ノミネート
  • 助演男優賞(マハーシャラ・アリ)…受賞
  • 脚本賞…受賞
  • 編集賞…ノミネート

アカデミー賞の看板部門と言える作品賞主演/助演男優賞のダブルノミネートなど受賞式前から話題となっていた本作ですが、蓋を開ければ作品賞助演男優賞脚本賞という映画の中でも注目度の高い部門を軒並み受賞した形に。

日本公開日が受賞式直後の3/1(金)であったため、国内興行にはこれ以上無い追い風になっています。実際2週目に入った今週でもあまり勢いが衰えていないようで、近年のアカデミー作品賞受賞作でも上位の興行が見込めそうです。実話+ロードムービーという事で鑑賞ハードルが低いのも大きいですね!

主要スタッフ

本作で監督を務めたのは「メリーに首ったけ」で有名なファレリー兄弟のお兄ちゃん、ピーター・ファレリーです。ファレリー兄弟は長らく二人で監督や製作を手掛けてたんですが、2010年代に入ってからはちょくちょくソロでの作品も出てきていますね。

また本作の脚本は監督であるピーター・ファレリーの他、本作でヴィゴ・モーテンセンが演じたトニー・”リップ”・バレロンガの息子であるニック・バレロンガもクレジットされています。作中でもトニーの息子が二人出てきますが、ニックは兄の方ですね。

そして本作の音楽を担当したのはジャズ・ピアニストとしても活躍しているクリス・バワーズ。実はマハーシャラ・アリ演じるドン・シャーリーの音源はほとんど残っていないようで、本作における演奏シーンの多くはクリス・バワーズの演奏によるものです。またジャズ以外にも60年代ポップスが多用されているため、音楽面にも注目が集まっています!

主要キャスト

本作は男二人のロードムービーという事で主要人物は少ないです。

まずは主役のトニー・”リップ”・バレロンガを演じたヴィゴ・モーテンセン。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアラゴルン役で有名ですが、実際のトニーの体型に合わせるため20kgも増量したとの事。確かに予告編観てもアラゴルンと全く結びつきません…。やっぱりハリウッドの役者さんは役作りへの力の入れ方が違うなぁ…。

そしてもう一人の主役と言うべき黒人のジャズピアニスト、ドン・シャーリーを演じたのは最近様々な映画に出ずっぱりのマハーシャラ・アリ。最近では「アリータ:バトル・エンジェル」、「スパイダーマン:スパイダーバース」と立て続けに大作へ出演しており、しかも大抵は重要なポジションにいます。2016年の「ムーンライト」に続いて今回もアカデミー助演男優賞取っちゃったし、今後更に忙しくなる事間違い無しの御方です。そろそろ主役来るんじゃないでしょうかねー。

感想

以下、ストーリーには触れない程度のネタバレ有りです。まっさらな気持ちで観たいんだーい!って方、ご注意ください。

後味スッキリの正当派ロードムービー!

本作は性格の真逆な二人が旅先でのトラブルを共に乗り越える事で次第に仲良くなっていく、超正統派ロードムービーです!そこへ黒人差別の問題も取り込まれているんですが、主演二人の軽妙なやり取りと終始流れている音楽のおかげで決して暗くはなりすぎず、最後はスッキリできる後味の良い映画でした。

正直最近のアカデミー賞受賞作って一般ウケするものが少なかったので、こういった間口の広い作品がアカデミー賞作品として一般層へ認知されるのは凄く良い事だと思います!いや、もちろん去年の「シェイプ・オブ・ウォーター」も作品としては凄く良くて、僕の中では去年の年間ベスト10にも入っているんですが、魚人×おばさんの恋ってなかなかハードル高いじゃないですか…。そういった映画鑑賞へのハードルが本作には全く無いので、これを機に映画好きが増えてくれれば個人的には嬉しいですね!

おじさん二人のやり取りに萌える

本作はロードムービーという事で、主演二人の会話劇を中心に進みます。車中で色々な会話をし、一緒にトラブル(主に黒人差別関連)を乗り越える事で二人の間には絆が芽生えていくのですが、その描写は温かくほっこりします。序盤では黒人が口を付けただけのコップを捨てるレベルの差別主義者だったトニーも、自分の居場所がわからず周囲とうまくやれていないドンも、物語が進むにつれてお互いに対してどんどんデレデレになっていくんですよ(笑)

もうそんな二人のやり取りを観ているだけでもニヤニヤしてきますし、ほんわかしますね。予告編でもときどき出てくるフライドチキンを食べるシーンではドンのリアクションにいちいち笑えますし、そのお返しとばかりにドンがトニーへ手紙の書き方を教えるシーンもニヤッとしちゃいます。

音楽は壁を超える

音楽は国境を超える“なんてよく言われますが、本作でも正反対の二人を繋ぐ役割として音楽がとても効果的に使われています。序盤ではドンに対して当たりの強かったトニーも彼の演奏を聴いてからは心を入れ替えますし、俗世の音楽を知らないドンにとってトニーの勧める音楽はとても興味深いもので、お互いが音楽を通して刺激しあっていくいく様も良かったです。

そんな展開を経てからクライマックスに出てくるドンの演奏シーンは、もう言葉なんかいらないぜ!と言わんばかりに二人の世界まで出来上がっちゃって、自然と笑みがこぼれます。いやぁ、ほんと終始ニヤニヤしてましたよ僕は。僕の隣に座っていたおじさんなんて結構な頻度で声出して笑ってましたよ(笑)。まぁ声が出るかは別として、会話でも音楽でもニヤニヤできる映画である事は間違いありません!

スッキリしすぎてパンチに欠ける部分も…

こんな感じで客観的に観たら気持ち悪いくらいニヤニヤしていたんですが、マイナスポイントが無かった訳ではありません。ノンフィクション作品が陥りがちな部分なんですが、終盤の盛り上がりが若干足りなかったなぁと。予告編で二人の友情が奇跡を起こすなんて謳ってたもんだから終盤に一山あるかと思いきや、意外と静かに終わってしまいます。まぁ予告編も謳い文句を信じちゃいけないのはわかっていた、わかっていたんですけどね…。

同じノンフィクションものでも終盤に向けてボルテージを上げまくった「ボヘミアン・ラプソディ」とは全く違いタイプですね。まぁあっちはかなり脚色入ってそうですが、盛り上げ方は素晴らしかった。それに対して本作は瞬間最大風速よりも常に吹いている風を楽しむタイプの映画です。そこを履き違えなければ問題無く楽しめるかと。ただパンチが弱いのは確かなので、人によってはスッキリしすぎてそのままどこかへ流れていっちゃうかも…。

まとめ

評価:☆☆☆☆★(4/5) 近年珍しい、誰にでも勧められるアカデミー賞作品!でも後一つ何かが欲しかった…

作品としては概ね満足なんですが、近年のアカデミー賞作品と同じ感覚で観に行くとメッセージ性というかパンチが不足している部分はどうしても感じちゃうと思います。そこまで肩ひじ張らずに軽い気持ちで観に行くタイプのロードムービーですね。とは言え良作である事は間違いないので、何を観るか迷ったら第一候補にしていい作品だと思います!

今日はこんなところで。ではまた。

コメント