おバカなアメリカ人にはなりたくなーい!バンド「Green Day」の名曲5選

音楽

こんばんは。回転寿司はねぎとろから食べる派、さめおです。

先月末くらいから朝ドラを見始めました。引きこもりがちな自分にとっては生活リズムが安定しますし、中身も面白いので一石二鳥です。それにしても安藤サクラが朝ドラ女優になる日が来ようとは、わからないもんですねぇ…(どちらかと言うとひっそり評価されるタイプだと思ってた)

さて、それでは本日のテーマ。今日は皆さんご存知Green Dayです。いつの間にかデビューから25年以上経っていました。

Green Dayについて

1987年、幼馴染だったビリー・ジョー・アームストロング(ギター/ボーカル)マイク・ダーント(ベース/コーラス)Sweet Childrenというバンドを結成します。その後バンド名をGreen Dayに改名し、1990年にレコードデビュー。しかしその直後にドラム担当のジョンが脱退。その代わりに加入したのがトレ・クールで、それ以降はずっとこの3人で活動しています。

インディーズで2枚のアルバムを出した後、彼らは3rdアルバムDookieで1994年にメジャーデビューします。このアルバムが世界的に大ヒットを記録し、いきなりグラミー賞最優秀オルタナティブ・アルバム賞を受賞します。彼らの代表曲の1つでライブでの定番曲でもあるBasket Caseもこのアルバムに収録されています。

Green Day – Basket Case [Official Music Video]

ポップパンクというジャンルの先駆けとなり、その後も精力的に活動していった彼らの2度目の転機はDookieの大ヒットから10年後。2004年にリリースした7thアルバムAmerican Idiotがこれまた世界的に大ヒットし、今度はグラミー賞の最優秀ロック・アルバム賞を受賞。更にシングルカットされたBoulevard Of Broken Dreamsがパンクバンドとしては史上初めて最優秀レコード賞を受賞するなど第2の黄金期を迎える事になります。

Green Day – American Idiot [OFFICIAL VIDEO]

その後も少しばかりの活動休止を挟みつつもアルバム制作を続けており、2018年までに12枚のオリジナルアルバムをリリースしています。

さめおとGreen Day

僕がGreen Dayを聞き始めたのは高校に入ってすぐ、American Idiotがリリースされた後の第2黄金期からでした。ちょうどギターを弾き始めた頃でもあり、シンプルで弾きやすいGreen Dayの曲をどんどんコピーしましたね。ありがちなパターンですが文化祭でコピーバンドをやったりもして、聞くも弾くもGreen Day状態でした。

YouTubeで聴けるオススメ曲5選

という訳で、またも独断と偏見で選んだ5曲です。

Welcome To Paradise

Green Day – Welcome To Paradise [Live]

3rdアルバム「Dookie」より

メジャーデビュー作かつ最大のヒット作であるDookieから、ライブで間違いなく盛り上がる1曲。間奏の徐々に盛り上がっていく感じが凄い好きです。

にしても全員若いなぁ。マイクはあんま変わらんけど、トレはめっちゃ痩せてる。今のトレは何かカクカクしてる気がする…。それはそれで面白いんだけど。

Nice Guys Finish Last

Nice Guys Finish Last – Green Day (Official Music Video) [HQ]

5thアルバム「Nimrod」より

アルバムはNimrodが一番好き。バラエティ豊かというか聞いてて全く飽きないですね。そんなアルバムのオープニングを飾るナンバー。

曲構成はシンプル。個人的にはベースラインが好きですね。Green Dayのギターはコード鳴らすのがメインだから、ベースがたまに動いて、それがいい働きしてます。

Minority

Green Day – Minority (Video)

6thアルバム「Warning」より

Basket CaseとAmrican Idiotと並ぶくらい有名な曲。イントロは珍しくアコギ使ってますね。Green Dayの曲で一番シンガロング向き。

テーマは曲名の通りマイノリティ(=少数派)という結構政治色の強い1曲。ここから更に政治色を強めた結果、American Idiotという名アルバムが生まれたのかもしれません。(ちなみにAmerican Idiotはもっとストレートに政権批判とか戦争反対とかやってます)

Jesus Of Suburbia

Green Day – Jesus Of Suburbia (Short Version) [Official Music Video]

7thアルバム「American Idiot」より

この曲めちゃくちゃ長いです。9分あります。というのもこの曲自体が5曲のメドレーみたいな構成になってるんですね。まあ1曲2分弱×5曲って考えればそんなに長くないはず。緩急の付け方とかメロディラインが個人的には気に入ってます。

ちなみにYouTubeのタイトルにショートバージョンって入ってますが、曲はちゃんと全部入りです。

Stray Heart

Green Day – "Stray Heart" (Official Video)

10thアルバム「¡Dos!」より

彼らは2012年に3部作のアルバム(9th~11th)を出しています。その2作目より1曲。今までの雰囲気とは少し変わってロックンロールベースで、メロディは少し切ない感じです。

ちなみにこの3部作、4つ打ちっぽい曲があったりと結構実験的です。正直出た当初はあんまり聞かなかったんですが、今聞き返してみると意外と良い曲が埋もれてたりしてて面白い。

最後に

時代によって曲調が変わったりもしますが、その根底にあるのはデビューから変わらずポップパンクの精神です。ライブでのパフォーマンスやファンサービスも話題となる彼ら、いつまでもこのままでいてほしいものですね。という訳で早く来日してくださいお願いします。

今日はこんなところで。ではまた。

コメント