Maroon5がスーパーボウル2019のハーフタイムショーで歌っていた楽曲を紹介!【YouTube動画有り】

音楽

こんばんは。Maroon5はキーが高すぎて歌えません、さめおです。

昨日アメリカで行われたアメフトの祭典、スーパーボウル。そのハーフタイムに行われるハーフタイムショーは毎回大物アーティストが出演する事で話題になりますが、今年出演したのは人気バンドMaroon5。様々な演出や他アーティストとの共演でも話題になりました。という訳で本日はハーフタイムショーで彼らが披露した楽曲をYouTubeの動画付きで紹介したいと思います!

Maroon5とは?

まずは簡単に彼らの紹介を。Maroon5はアメリカのロサンゼルスで結成されたバンドで、2002年にメジャーデビューアルバム「Songs About Jane」をリリースしました。発売当初は売り上げが伸び悩んだものの、映画のタイアップや大物バンドとの共演で徐々に話題に。そこからは順調にキャリアを積み上げ、オリジナルアルバムを6枚リリースした現在では、世界トータルセールス1億1千万枚以上という驚異的な人気を誇っています。また3度のグラミー賞受賞歴もあり、名実ともに世界的バンドです。ちなみにMaroon5という名前の通り、結成当時のメンバーは5人でしたが、脱退や加入を経て現在では7人になっています。

ハーフタイムショーの動画とセットリスト

そんな彼らがスーパーボウルのハーフタイムショーで行った公演はYouTubeに公式動画が上げられています。あくまでハーフタイムに行うライブですので時間は14分弱と短めですが、メドレー形式で行われたためヒット曲満載の内容です!

Maroon 5 – Pepsi Super Bowl LIII Halftime Show ft. Travis Scott, Big Boi

セットリストは以下の通り。

  1. Harder To Breathe
  2. This Love
  3. Sicko Mode (with Travis Scott)
  4. Girls Like You
  5. She Will Be Loved
  6. The Way You Move (with Big Boi)
  7. Sugar
  8. Moves Like Jagger

全8曲を披露していますが、3曲目と6曲目は人気ヒップホップアーティストTravis ScottOutKastの曲です。そのため今回の記事では割愛させていただき、残りの6曲を紹介したいと思います!

Maroon5の楽曲解説(YouTube動画付き)

彼らのファン以外も参加するイベントであるため、メジャーな楽曲が多かった印象です。各曲のPV付きでどうぞ。

Harder To Breathe

Maroon 5 – Harder To Breathe (Official Music Video)

1stアルバム「Songs About Jane」収録

ハーフタイムショーのオープニングを飾ったのは彼らのデビューアルバムの1曲目でもあるこの曲。今でこそオシャレバンドの代名詞となった彼らですが、この頃はギターリフ主体のフレーズなどロックバンドっぽい事もやっていますね。ちなみに今回のライブで披露された曲で唯一シングルカットされていない曲です。

This Love

Maroon 5 – This Love (Official Music Video)

1stアルバム「Songs About Jane」収録

初期のMaroon5で一番有名であろう楽曲。こちらもデビューアルバムからの選曲ですが、「Harder To Breathe」の直後にやるのはアルバムの曲順そのままですね。ちなみにアルバム名にもあるJaneというのはボーカルのアダムが当時付き合っていた女の子の名前らしく、収録曲の多くが彼女に関する曲です。女の子一人でアルバム一枚作っちゃったってのが凄い…。ある意味コンピレーションアルバムですね(笑)

Girls Like You

Maroon 5 – Girls Like You ft. Cardi B

6stアルバム「Red Pill Blues」収録

Travis Scottの楽曲を挟んで歌われた次の曲は最新アルバム収録曲「Girls Like You」。最新曲というだけあって原曲はオシャレさの塊です。イントロのギターフレーズ、打ち込みサウンドなリズムセクション、話題性の高そうなPVともうオシャレ具合に関しては敵無しの状態。シングルカット版では人気上昇中の女性ラッパーCardi Bともコラボしているので彼女の出演も予想されていましたが、残念ながら出演ならず。ただ改めて見比べてみるとハーフタイムショーのカメラワークがPVと同じ形になっていたりして面白いですね!

She Will Be Loved

Maroon 5 – She Will Be Loved (Official Music Video)

1stアルバム「Songs About Jane」収録

またも1stアルバムから。静か目な曲なのでやらないかなーと思っていたらセットリストに入っていたのでビックリです。凄く綺麗で美しい曲なんですが、何故かPVは彼女の母親と恋に落ちてしまうドロドロ展開。まぁ母親役の人も綺麗なんでわからなくもないんですが、もっとシンプルなPVじゃ駄目だったの?っていうところばかり気になって…。ただハーフタイムショーのランタン演出は幻想的で凄く良かったと思います。

Sugar

Maroon 5 – Sugar

5stアルバム「V」収録

Maroon5がその辺の結婚式で飛び入りライブをするというドッキリで話題をさらったPV。その人気はすさまじく、YouTubeの再生回数は本日時点で28億回という恐怖すら感じる回数。こんな背景もありすっかり結婚式ソングとして定着したこの曲もハーフタイムショーで歌われました。PVの見どころは4:04くらいで出てくるブレイクダンスおじさん。イカしてるぅ。

Moves Like Jagger

Maroon 5 – Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera

ベストアルバム「Singles」収録

ハーフタイムショーの最後に歌われたのはクリスティーナ・アギレラとのコラボ曲「Moves Like Jagger」。イントロギターからオシャレさを感じさせる4つ打ちダンスチューンです。コード進行や楽器のフレーズ一つ一つは驚く程単純なので、ある意味アダム・レヴィーンが持つメロディセンスを最も感じる事ができる一曲。個人的にはMaroon5でトップクラスに好きです。

最後に

ほとんどの動画が当たり前のように再生回数1億越えしてるのが怖い…。正に現代のモンスターバンドと言える彼らですが、今月末には最新アルバムを引っさげ来日公演も行います。しかも場所は東京ドーム!それが完売しちゃってるもんですから、日本での人気も相当です。今回のハーフタイムショーで興味を持った方は、彼らのベスト盤「Singles」から聴くのがオススメ!紹介した曲も6曲中4曲入っていますよー。

今日はこんなところで。ではまた。

コメント