世界を股にかけて兄弟喧嘩!バンド「oasis」の名曲5選

音楽

こんばんは。緑のたぬきよりも赤いきつね派、さめおです。

昨日から始めたブログ、今日も元気に更新したいと思います。第3回となる今回のテーマは既に語られまくっているバンド、oasisです。

CMやTVなどでかなり広く使われているので、あまり知らないって人でも曲を聞けばわかると思います。特にDon’t Look Back In Angerなんかは使われすぎて、またかよ感出ちゃうレベルですね…

Oasis – Don't Look Back In Anger (Official Video)

oasisとは

念のため簡単な説明を。

oasisはギャラガー兄弟(リードギター担当でちょくちょくボーカルもやる兄ノエルメインボーカル担当の弟リアム)を中心に結成されたイギリスのロックバンドです。

デビューシングルのsupersonicからバンドの基礎となるシンプルなロックスタイルは確立されていて1stアルバムのヒット、2ndアルバムの爆発的ヒットで一気に国民的ロックスターとなりました。

Oasis – Supersonic

よくビートルズの再来と比喩されていますね。この表現だけでもどれだけ国民、そして海外ファンから親しまれていたかわかると思います。その後7枚のオリジナルアルバムをリリースし、総売上枚数は7,000万枚と驚異的な数字を叩き出しています。

その一方ギャラガー兄弟は喧嘩が非常に多く、その度に解散するする詐欺みたいな状態となっていました。ある意味メディアへのパフォーマンスに近い部分もありましたが、2009年の兄弟喧嘩を機にノエルが脱退、そのまま解散となってしまいました。

さめおとoasis

僕がOasisと出会ったのは高校に入ったとき、友達から貸してもらったoasisのベスト盤「Stop the clocks」が始まりでした。

(「ベスト盤は出したくないから今ライブをやると想定した場合のセットリストを並べただけ」的な事をノエルが言っているので厳密にはベスト盤ではありませんが、実質ベスト盤みたいなもんですね)

このアルバムの1曲目Rock ‘N’ Roll Starに見事やられてしまい、その後アルバムを全てレンタルし、狂ったように聞いていました。

Oasis – Rock 'N' Roll Star

僕は1991年生まれなので1stや2ndが出た時の熱狂的な時代はわかりませんが、それでも自分の中に深く刻まれています。oasisの結成と生まれた年が一緒だったので勝手に運命を感じたのもあります{笑)

その後高校在学中に7thアルバムのツアーがあり、幕張メッセで初めてoasisを観たのですが、結果的にこれが参加できた最後のライブでもありました…。しかしまあ1回観れただけでも幸運だったと思います。

そしてoasis、特にノエルから影響を受けまくったさめおはバンド活動に熱中していく流れになりますが、それはまた別の機会に…

さめおが好きな曲たち

というわけで本題。もう好きな曲多すぎてどうしましょって感じなので、YouTubeに公式動画が上がっている曲から厳選して5曲紹介したいと思います!

Cigarettes & Alcohol

Oasis – Cigarettes & Alcohol

1stアルバム「Definitely Maybe」より

ストレートなリフから始まる正統派ギターロックです。もうほんと最高すぎる。ただでさえ低い語彙力が更に低下するレベルでかっこいい。

リアムの「いまぁじねぇいしよぉぉぉん!」とか聞きどころも多い曲。個人的にはoasisで一番好きな曲。

Champagne Supernova

Oasis – Champagne Supernova

2ndアルバム「(What’s the Story) Morning Glory?」より

静かに始まりサビに向けてどんどんボルテージが上がっていく。そしてギターソロで爆発しラスサビでは曲がすさまじい広がり方を見せる正にザ・ライブ曲。合唱してると泣きそうになります。

デビュー2作目でこのレベルの曲が入ってて、しかもシングルカットじゃないってどうゆう事?事件ですよほんと。そんな曲。

The Masterplan

Oasis – The Masterplan

B面集「The Masterplan」より

初期作品のB面曲をまとめたアルバムから表題曲を。イントロのクリシェ進行(半音ずつ下がってくコード進行)から泣きのAメロ、サビはメジャー転調でというベタベタな曲ですが心にずっしりと残るノエルのメロディが光る曲。

ライブだとコーラス隊入れたりしててそっちバージョンもいい。PVはOasisとしては珍しくアニメーション使ってます。リアムの歩き方(笑)

そんで収録アルバムからもうお分かりかと思いますが、これB面曲なんですよ。ほんとどういう事?(2回目)

Stop Crying Your Heart Out

Oasis – Stop Crying Your Heart Out (Official Video)

5thアルバム「Heathen Chemistry」より

少し飛んで5thアルバムから。The Masterplanから続いて泣き系曲ですが、こっちはリアムボーカル。曲の構成やアレンジは前述の曲たちと比べて非常にシンプルですが、やっぱりノエルのメロディラインが素晴らしい。シンプルだからこそ美しい曲。

そしてこの曲、「バタフライエフェクト」という映画の主題歌にもなっているのですが、その相乗効果が凄い。映画を見て一気に好きになった曲でもあるので是非見てもらいたいです。(バタフライエフェクトもいずれ別エントリーで語りたい)

The Shock Of The Lightning

Oasis – The Shock Of The Lightning

7thアルバム「Dig Out Your Soul」より

最後のスタジオアルバムから、非常にシンプルなロックナンバーです。後期oasisはやはり初期に比べると勢いが失われていたと言われますが(全盛期が凄すぎただけですね)、この曲は初期の勢いに加えてその時のoasisにしか出せない音が乗っていて素晴らしいです。

またoasisと言えばドラマーがしょっちゅう変わる事で有名でしたが、この曲にはまさかのドラムソロが(笑)これを叩いたドラマーのクリスは解散後もそれぞれのソロに参加しているので、相当気に入られてるだと思います。

あとPVがサイケでかっこいい。7thアルバムのジャケットもこんな感じで超かっこいいです。

最後に

もっと色々紹介したいのですが流石に長くなりすぎてしまうので、この辺りで。初めて聞く方は前述の「Stop the clocks」か2ndから入るのが良いかと思います。

それではまた。

コメント