ポップな絵柄でエログロビッチ!アニメ「パンスト」で楽しく成仏!

アニメ

こんばんは。英語でジョークが言える大人になりたい、さめおです。HAHAHA!

本日は2010年に放送されるやいなや、そのぶっ飛んだ設定と世界観でカルト的な人気を誇ったアニメ、パンティ&ストッキングwithガーターベルトを語ります。

あらすじ

悪魔の狭間の町、ダテンシティ。ある日この町に二人の天使が降り立った。彼女たちの使命は町の平和を脅かすゴーストを退治すること。

しかし二人は天界の落第生であり、落第を免れるためにはゴーストを狩った際に得られるヘブンコインを集めなければならない。

性に奔放でガサツな姉パンティとスイーツ好きでゴスロリファッションの妹ストッキングは今日もいやいやゴースト退治に出るのであった…。

『Panty&Stocking with Garterbelt』予告PV

解説

製作は新世紀エヴァンゲリオンや天元突破グレンラガンでおなじみGINAX、監督はグレンラガンやキルラキルなどで有名な今石洋之さんです。またm-floの☆Taku Takahashiさん、ワールドワイドな活躍を見せるTeddyLoidさんの二人が音楽を担当するというアニメにしては珍しい構成。

一番の特徴はアメコミテイストのポップな絵柄に対して、エログロその他もろもろなんでもありのカオスな設定です。作品のキャッチコピーも登場人物は(男も女も)全員非処女と多分ギリギリアウトな内容。

こんな設定でもストーリーの核となる部分はシンプル。パンスト姉妹が町で悪さを働くゴーストに苦戦しつつも最後は撃破する、という勧善懲悪モノです。また30分枠に対して15分×2の構成が基本となっているため、作品のテンポが非常に早い事も特徴の一つです。

ここがオススメ

とにかく入るもの全部詰め込んだ作品ですが、要素の一つ一つが濃く出来ているため見ていて全く飽きません。その中でも特にオススメなポイントを3点。このいずれかに当てはまれば楽しめると思います!

1. パンスト姉妹が可愛い

さんざん解説しといてこれかよ感ありますが、やっぱビジュアルって大事ですよね。全くタイプの違う姉妹ですが、それぞれ違った良さがあります。

姉のパンティはガサツなビッチだけどパリピ可愛いし、たまにデレると10割増しで可愛い。妹のストッキングはゴスロリの見た目でもう可愛いし、喋ると毒舌なのがまた可愛い。可愛いのゲシュタルト崩壊しそうですが、ただただ可愛いのです。

キャラデザ見て気になった人はまず1話だけでも見ましょう。表情もコロコロ変わって可愛いです。あぁ可愛い。そしてキモイよ自分。

2. 気合の入った作画

これはパンストの特徴ってよりは今石監督の特徴だと思うんですが、とにかく戦闘シーンが良く動く!ド派手な動きが多いんですが、アメコミ絵のおかげで全く違和感無く見れます。こんな書いてアニメーターさん大丈夫なのって感じですが、日常パートの絵を抑える事でうまくバラン取ってるみたいですね。

特に凄いと思ったのは11話、パンスト姉妹のライバルであるデイモン姉妹とのバトルシーン。もうここは書くだけじゃ絶対伝わらないので、見てくださいしか言えないですね。(調べてみたらこの回はコンテ担当が今石さんでした。納得。)

あ、あともう一つ。パンスト姉妹が変身するシーンもある意味気合入りまくりです。急にリアル絵、リアル頭身になるという逆作画崩壊を伴う変身シーン。これも必見です。ここはセーラームーンとかキューティーハニーとかのパロディなのかな。

3. 映画の小ネタがいっぱい

最後のポイント。なんでもありな設定であるため、だいぶ自由にパロディやってます。特に各話のサブタイトルはほぼ必ず映画のタイトルパロディです。以下一例。元映画 → パンスト

ファイトクラブ → キャットファイト・クラブ

一匹の怒れるゴースト → 12人の怒れる男

L.A.コンフィデンシャル → D.C.コンフィデンシャル (D.C. = ダテン・シティですね)

また1話丸々トランスフォーマーパロディに使うトランスホーム、屈指の(鼻)糞回ハナムプトラなど結構わかりやすいネタが多いです。本編とはそこまで繋がりのないパロディもありますが、ゴースト~ダテンシティの幻~の回では元映画の通りラブストーリーになったりするのも面白いです。ちなみにこの回は恋するストッキングが可愛いです。あぁ可愛い。

最後に

下品な表現などはたくさん出てくるので健全な青少年少女向けではありませんが、少し心が荒み始めた少年少女や歳をとりすぎた少年少女には安心してオススメできる作品です。2018年12月現在Netflixで全話見れますので、まずは1話だけでもいかがでしょうか?一緒に成仏しましょう。

今日はこんなところで。ではまた。

コメント