ロックンロールはリスクだ。映画「シングストリート 未来へのうた」で80年代へ。

映画

こんばんは。ガムはクロレッツ派、さめおです。

昔からよく映画だったりキャラクターものだったりのクリアファイルを買います。グッズとしては値段が安いのでデザインが良ければ衝動買いしちゃうんですが、その後使う事なく本棚にしまわれています。クリアファイルを保管する用のクリアファイルが欲しいなぁ。本末転倒だけど…

さて、今日のテーマは2016年公開の青春音楽映画シングストリート 未来へのうたです。監督はOnce ダブリンの街角ではじまりのうたを撮ったジョン・カーニー。音楽を通して男女の関係を美しく描写する事で音楽好きからの支持が厚い監督です。それではあらすじから。

あらすじ

1985年、不況時代のダブリン。父親の失業により荒れた公立学校へ転校せざるを得なくなった14歳の少年コナーは、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオとが唯一の楽しみ。両親の離婚問題も重なり暗い日々を過ごす彼はある日、街角でモデル志望の少女ラフィーナと出会う。大人びた雰囲気の彼女に一瞬で恋をしてしまったコナーは、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーはラフィナを振り向かるため、音楽活動にのめりこんでいく…。

「シング・ストリート 未来へのうた」予告編

感想

本作はジョン・カーニー監督が得意とする音楽描写はそのまま、十代の甘酸っぱい青春模様も盛り込まれています。鑑賞後の後味が良い映画なので、定期的に観たくなりますね。そして本作はある意味ジョン・カーニー監督の伝記映画でもあります。

ジョン・カーニーという人物

実は彼、アイルランドのダブリンで活躍するザ・フレイムスというバンドの元ベーシストです。そんな彼はバンド在籍中もPVの撮影などを行っており、出世作となったOnce ダブリンの街角での主演俳優グレン・ハンサードはザ・フレイムスのボーカルでもあります。この異色の経歴があるからこそ音楽で通じ合う瞬間の切り取り方が非常に上手いです。

そしてシングストリートについては彼自身が十代だったときの経験を元に作ったと公言しています。そのため本作は前述の過去2作と比べて音楽制作の過程をしっかり表現しており、音楽制作に触れた事がある人は特に主人公へ深く共感する事ができると思います。

個性的な登場人物たち

主人公の周りの人物が個性豊かで面白いです。成り行きでプロデューサー兼カメラマンになってくれる友人のダーレン、作曲担当で様々な楽器を自在に操る眼鏡ボーイのエイモン、バンドに箔を付けるために黒人という理由だけで選ばれ、指1本でキーボードを操るンギグなどなど…。

なにより一番良いキャラしてるのはコナーの兄であるブレンダン。コナーの周りにいる人間の中では一番ロックで、音楽の先生的なポジションでもあります。また家庭の事情に一番振り回されている人物とも言え、ある意味一番現実的で人間味があるキャラクターですね。

時代を彩る名曲とフレッシュなオリジナル曲

イントロで印象的に使われるMotörhead、主人公バンドの方向性に大きな影響を与えるDuran DuranThe Cureなど当時のブリティッシュロックを象徴する音楽が多数登場します。

合わせて主人公バンドのオリジナル曲も数曲あり、コナーの感情を表すために非常に大きな役割を果たしています。またこれらの曲は前述のバンドの影響を受けまくった構成及び曲調になっているので、にやけながら聞くこともできます。

これらがバランスよくミックスされたサントラ盤もバラエティ豊かでオススメ!一番好きな曲はDrive It Like You Stole Itですね。シチュエーションも含めて大好きな曲。Back to the futureのパーティシーンっぽい。

Sing Street – Drive It Like You Stole It (Official Video)

ジョン・カーニー作品は全て好きですが、その中でも特に気負わず観られるのが本作だと思います。憂鬱な気分だったり、元気になりたいって時にオススメですね。

あと個人的にはこの作品観ると音楽やろうって気持ちが高まります。現在オリジナル曲のアップロードを計画中なので、今月中には達成できるよう頑張ります!

今日はこんなところです。ではまた。

コメント