圧倒的な熱量!漫画「灼熱カバディ」をマンガワンで読もう!

漫画

こんばんは。得意なスポーツはウォーキング、さめおです。

本日紹介する漫画はiOS/Androidアプリのマンガワンで連載中の「灼熱カバディ」です。カバディというマイナースポーツを題材にした作品なのですが、とにかく熱い。熱すぎる程に熱いスポーツ漫画です。とは言えカバディって何?という方の方が多いと思うので、まずはカバディの説明から。

カバディとは?

ネット上ではたまにネタにされるスポーツ、カバディ。しかしその実態は格闘技のようなぶつかりもあり、他のチームスポーツ同様戦略性も高い、なかなかハードなスポーツです。まずはこちらの動画を見てみてください。日本カバディ協会が作ったルール説明の動画です。

日本カバディ協会 公式PV/“JAPAN KABADDI ASSOCIATION” PV

謎のBGMが癖になります(笑)

漫画「灼熱カバディ」内でも言われているのですが、簡単に言うと”コート内で行う集団鬼ごっこ”です。タッチすれば相手がアウトになるのは同じで、違っている点は鬼じゃない方(守備側)も鬼(攻撃手)を捕まえる事で点を得る事ができるところですね。

発祥の地であるインドではプロの試合がテレビ中継されたりもするようです。プロの動画を見てみると色々な得点方法や逃げ方がわかって面白いです!

【カバディ】この人数から逃げられるのが凄い…神業スーパーレイド集【マイナースポーツ】

ここまでの説明でカバディに関する理解は深まったと思います。という訳でまずは漫画「灼熱カバディ」のあらすじから。

あらすじ

サッカー部のエースとして中学時代には全国レベルの活躍をしていた宵越竜也。しかしスポーツに嫌気がさしていた彼は高校入学を機に帰宅部となり、放課後は部屋に閉じこもっていた。そんなある日、彼のもとに”カバディ部”を名乗る同級生、畦道相馬が押しかけてきた。断るつもりでしょうがなく部活見学へ向かった宵越だったが、体育館ではまるで格闘技のようなスポーツが行われていて…。

「灼熱カバディ」はここが熱い!

ここから本題!漫画「灼熱カバディ」の熱い魅力を紹介していきます。

THE・王道展開が熱い

話の展開は学生スポーツ漫画の王道で、個性豊かなチームメイトと共にライバル校と切磋琢磨していく形。この王道ど真ん中である意味使い古された展開ですが、マイナースポーツであるカバディを中心に置いている事で既視感を全く感じない、新鮮な魅力にあふれた漫画となっています。

他のスポーツ漫画同様、強化合宿やチーム内での衝突、そして全国大会への挑戦なども丁寧に描かれています。更にチーム内外に世界レベルの選手が続々と出てくるのですが、これに違和感が無いのもマイナースポーツの強み。元々サッカーでは全国レベルの力を持つ主人公が別競技の世界レベル選手と戦う展開も面白いです。

味方もライバルもみんな熱い

タイトルに”灼熱”とある通り、この漫画のキャラクターはとにかく熱い。もう熱くないキャラいないよねってレベルでみんな熱い。ページ内の熱量が凄いんですよとにかく。

主人公の宵越竜也はプライドが高い負けず嫌いなので、基本熱い。主人公の相棒的ポジションになる畦道相馬は体が小さいという弱点を補うため、人一倍熱い。カバディ部の部長はクールに見えて一番熱い。副部長も頭脳派に見えて熱い。他の先輩たち他校のキャラたちも…(略

とにかく圧倒的に熱く、カバディへの凄まじい愛情を持ったキャラクターしか出てきません。そんな彼らのぶつかり合いを真正面から楽しめる漫画です。

圧倒的熱量を表現できる画力

ここまで熱い熱い言っても、その表現方法が漫画である以上、画力が伴わなければ意味がありませんよね?そこも全く心配ありません。非常に高い画力、そしてカバディの動きをダイナミックに見せる力もしっかり揃っています!特にそのカメラワークは独特で、選手目線の決め絵も多いので、まるで自分もコート内で戦っているかのような興奮を覚えます。

また本作では驚異的な身体能力を持っているキャラクターはいても、現実ではありえないような動きや特殊能力を持ったキャラはいません。しかしそれを補って余りある程の筋肉そして筋肉が画面を覆っているので、下手な能力スポーツ漫画よりも迫力があるかもしれません。10話を超えたくらいから練習試合も始まってくるので、そうなればより熱い筋肉たちの戦いが観れます!

気になった方はマンガワンで!

冒頭でもお話した通り、本作はiOS/Androidアプリ「マンガワン」内にて連載されています。マンガワンのインストールは無料ですし、毎日更新される漫画が一日8話+α分無料で読めるので、是非インストールしてみてください。今僕が一番お世話になっている漫画アプリです。ほんと。

最後に

僕は全くスポーツができませんが、灼熱カバディを読んで毎週スポーツ気分には浸っています。ブログでは伝えにくい部分もありますので、是非ご一読ください!

今日はこんなところで。ではまた。

コメント