みんな違ってみんないい。魅せるバンド「The Hives」の名曲5選

音楽

こんばんは。ポテチはコンソメ派、さめおです。

最近早くもヒートテックを着始めました。暖かいのはいいんだけどこれから冬本番になったとき気温の変化についていけるか不安…。冬眠しないように頑張ります。

さて、今日はスウェーデンのバンドThe Hivesを語ろうと思います。日本での知名度は低そうな気がするので、簡単な紹介から。

The Hivesとは

メンバー

ボーカル:ハウリン・ペレ・アームクヴィスト
ギター:ニコラウス・アーソン
ギター:ヴィジランテ・カールストロエム
ベース:ドクター・マット・ディストラクション
ドラム:クリス・デンジャラス

1993年にとある人物から手紙で招集された5人が結成したガレージロックバンドです。その人物が誰なのかは明言されておらず6人目のメンバーという扱いになっていますが、ギターのニコラウスという説が最有力。ちなみにボーカルのペレはニコラウスの弟。oasisと同じ構造の兄弟バンドですね。

ガレージロックリバイバルが流行っていた2000年代初頭にイギリスで発売したコンピレーションアルバム「Your New Favourite Band」(1st、2ndアルバムから数曲ずつセレクトされた)が大ヒット。その後2004年に発売した3rdアルバム「Tyrannosaurus Hives」収録のWalk Idiot Walkが世界的に大ヒットし、一躍知名度を上げたバンドです。

The Hives – Walk Idiot Walk

バンドメンバーの衣装は基本的に白黒で統一されています。ライブではペレも盛り上げ方が上手いです。ボーカルよりはパフォーマーってイメージが強いですね。

さめおが好きな曲5選

という訳で今回もYouTubeに動画がある曲から5つ選びました

A.K.A. I-D-I-O-T

The Hives – A.K.A. I-D-I-O-T

1stアルバム「Barely Legal」より

デビュー当時、一番ガレージ感が強い時期です。ちなみに1stはほぼ全ての曲が2分前後で終わります。とういう意味でもスピードに乗ってた頃合い。

それにしても公式動画なのに画質がなかなかひどい…。

Hate to Say I Told You So

The Hives – Hate to Say I Told You So

2ndアルバム「Veni Vidi Vicious」より

前述の大ヒットアルバム「Your New Favourite Band」でも1曲目に置かれている、恐らく彼らの中で一番有名な曲。イントロのフレーズが耳に残りますね。

僕がThe Hivesを初めて聞いたとき聞き覚えがあったので、何かでタイアップされてたのかもしれません。

Main Offender

The Hives – Main Offender

2ndアルバム「Veni Vidi Vicious」より

PVが洒落てます。彼らの衣装も白黒なので、バンドのコンセプトにピッタリなPVですね。

この曲も非常にキャッチー。1stはガレージ色強めに対して2ndは比較的キャッチーな曲が多くて聞きやすいです。

Tick Tick Boom

The Hives – Tick Tick Boom (Official Video)

4thアルバム「The Black And White Album」より

The Hivesは3rd、4thとアルバムが進むたびガレージ色が薄くなっていきました。ただこの曲に関しては昔の彼らと同じような勢いがありますね!

ライブでは間奏でバンドメンバーがフリーズしたりします。とってもライブ映えする曲で、以前パンクスプリングで来日した際もアンコールで歌われた曲です。

Go Right Ahead

The Hives – Go Right Ahead [LIVE BROADCAST FROM RMV]

5thアルバム「Lex Hives」より

5thはセルフプロデュースだったという事もあり、少し彼ららしさが戻ってきます。そのアルバムのリードナンバーがこれ。

流石に昔ほどハイテンポではありませんが、今までのキャリアが乗っている曲だと思います。ハット+スーツのスタイルがオシャレ。

最後に

とりあえず5曲上げましたが、最初に聞くのでオススメなアルバムはやっぱり「Your New Favourite Band」でしょうか。1stと2ndのいいとこ取りな内容なので彼らの音楽を知るにはベストです!

ちなみに最新の5thアルバムが出たのは2018年。気づけば6年も経っているんですよねぇ…。そろそろ新作来ないかなー。

今日はこんなところで。ではまた。

コメント